バラ写真

バラは、季節によりいろんな表情を見せます。バラの栽培家の目から見た美しい表情を届けます。

平成30年5月19日

ロサ モスカータ Rosa Moschata

原種 16世紀 ヨーロッパ 白 小輪 一重咲き 一季咲き 微香 半つる性 3m

白の小輪花が大きな房になって咲きます。実をよくつけるので秋に楽しめます。
一季咲きで枝を大きく伸ばします。

キフツゲート Rosa Fillipes ’Kiftsgate’

 

原種

作出 1951年 イギリス キフツゲートコートで発見
花 白 小輪 一重咲き 一季咲き 微香  つる性 6m
咲き始めはやや黄色がかる花は次第に白くなります。非常に大きな房咲きです。
実がつきやすく秋には赤い実を楽しめます。非常に強健で半日陰でも良く育ちます。

 

平成30年5月17日                                                                

アンリ マルタン Henri Martin

 紫を帯びた紅色で黄色のおしべが見える。房咲きに咲き花つきがよい。秋には実を楽しめる。剪定してブッシュ型に仕立ててもよいが、細めの枝がよ伸びるのでつるバラ扱いしてフェンスなどに誘引するとよい                                               系統モス  作出1862年 Laffay フランス  花 濃い紅香り中香 樹形半つる性 2m 別名 ヘンリーマーチン、レッドモス

ニュードーン New Dawn
系統クライミング  作出1930年 Dreer アメリカ  花 淡いピンク 中輪 半剣弁高芯咲き 咲き方繰り返し咲き 香り中香 樹形つる性 5m
 淡いピンクの花が春から秋にかけて繰り返し咲きます。葉は光沢があり病気に強い。枝はやわらかくよく伸び、寒冷地や多少日当たりの悪いところでもよく育つ。

アダム メッセリッヒ Adame Messerich                                                比較的新しい品種で、花つきがたいへんよく、夏までよく返り咲く。半八重咲きの花は時期によってピンクの濃淡が変化する。枝はそれほど太くなくしなやかに伸びるので、つるバラのように誘引してもたくさんの花を咲かせて見ごたえがある                                 系統 ブルボン  作出 1920年 Lambert ドイツ  花 濃桃~ソフトピンク 中大輪  半八重咲き  咲き方 返り咲き 香り中香 樹形木立性 1.5m

ブラックプリンス Black Prince

ハイブリッドパペチュアル 1866年 Paul イギリス  黒みのある紅 中輪 丸弁カップ咲き 返り咲き 強香 木立性  1.5m  黒みのある赤で丸みのあるカップ咲き。香りもよい。枝は直立して伸び、比較的扱いやすい。

ポールズ ヒマラヤン ムスク Paul’s Himalayan Musk   5月16日

 

フィリス バイド Phyllis Bid 5月16日

小輪の微妙な色合いの房咲きの花で花つきよく、また花もちもよいので長く楽しめる。細い枝が四方にのびるので小さめのオベリスクなどにも誘引しやすい。広い場所を覆うように使うこともできる。

キング King 鉢苗販売中

濃いローズピンクのポンポン咲きの花が房になって咲き、満開時はすばらしい景観を作る。トゲは少なく非常に丈夫で生育旺盛。フェンス・アーチなどに這わせるとよい。

R ローズ 小輪 ポンポン咲き 一季咲き 微香 つる性 300cm 不明

マニントン モーヴ ランブラー
Mannington Mauve Rambler R 薄紫ピンク 小輪  八重咲き 一季咲き 微香 つる性 400cm 2001 Lord Walpole 販売中

コーネリア Cornelia HMsk アプリコットピンク
中輪 八重咲き 繰り返し咲き 中香 半つる性 300cm 1925 Pemberton イギリス

花は開花から咲き進むにつれて色が変化する。小輪房咲きでかわいらしい。春以降も比較的よく花をつける。枝は横張りぎみに広がって伸び、太いシュートがでる。つるバラ扱いにしてフェンスなどに誘引しても、短く切り詰めてもよい。

ローズ ド メ Rose de Mai明るいピンクの半八重~八重咲きの花で強いダマスクの香りを持つ。香料採取用に作られたと考えられている。枝は広がって伸びカーブする。

D ピンク 中輪 八重咲き 一季咲き 強香 半つる性 200cm フランス